スタッフ/高貝慶隆

氏名 高貝 慶隆
所属 福島大学 共生システム理工学類 物質科学コース
福島大学 環境放射能研究所 兼任
学位 博士(工学)
役職 教授
専門分野 分析化学,分離化学
学会活動 日本化学会,日本分析化学会,アメリカ化学会
出身 宮崎県川南町 / 高鍋高校卒業
好きなもの 甘いもの / 芋焼酎

福島大学個人業績データベース(現在・リニューアル中)

Researchmapへのアクセスは →→→ こちらをクリック(高貝分)

以下は、主な担当授業科目と概要の説明です。

分析化学概論

自然界のすべてのものは,様々な物質が織りなす化学現象の積み重ねによって成り立っています。本講義では,これらの物質の性質や自然現象を分析・解明するための手段に関する基本的な事項を学習します。

機器分析

機器分析技術は,科学産業を支える大切な学問であり,工業,環境・医療の諸問題の解決に測定法や解析技術などが大きな役割を果たしています。本講義では,種々の機器分析法の原理と最新の応用例について講義します。

化学実験 I

基本的な化学実験を学びます。様々な金属イオンの沈殿生成や滴定法などを学習します。

化学実験 II

機器分析に関する実験を学びます。様々な分析機器を使用して,定量分析、分離分析、物性分析、構造解析などを行います。

化学 I

共生システム理工学類1年生の必須科目の「化学I」の一部を担当します。

物質の科学

共通教養(主に一年生)の講義で、理工学類のみならず、全学類を対象にした講義です。身の回りに存在する先端化学を、文科系にも分かりやすいように楽しく学びます。

環境解析演習(分担)

環境システムマネージメント専攻で必要な基本的な化学的素養を演習形式で学習します。高貝担当分では、基本的な濃度計算を行います。

自然科学入門(分担)

現代教養コース(夜間主コース)の講義で、身の回りの化学をテーマに学びます。

——————-

大学院: 分析化学特論Ⅰ

溶媒抽出、固相抽出、イオン交換など、物質の分離科学に関する講義を行います。

大学院: 分析化学特論Ⅱ

様々な機器分析に関する講義を行います。